ファーストバイト

こんにちは。
蓼科も夏らしくなってまいりました。

披露宴の見どころのひとつ、
ケーキ入刀の後の「ファーストバイト」の意味を知っていますか?

ケーキ入刀後、新郎新婦がお互いにケーキを食べさせあうセレモニーですが、
くすっと笑いが起こったり、シャッターチャンスとなる見せ場のシーンです。

まず、新郎から新婦へスプーンでひとくち。
「一生食べるものに困らせません」

1322_20160604.jpg


次に、新婦から新郎へひとくち。
「一生美味しい手料理をつくります」

1338_20160604.jpg


それぞれこんな意味があるんです!

そのひとくちにも「ケーキの大きさは愛情の大きさに比例する」という意味があり
小さいティースプーンから、普通サイズのスプーン、大きな大きなビックスプーン!など…
数種類から選んでもらってバイトをする演出も盛り上がります♪

1331_20160604.jpg


口についたクリームをハンカチで拭いてあげる…
なんてシーンも微笑ましいですよね!

新郎新婦が食べさせあうのが「ファーストバイト」

そして、両家のお母さんから新郎新婦へ
家庭をもち、一人前になった子供への食べ納めとして行う「ラストバイト」

日頃の感謝を込めて、親友や兄弟に食べさせる「サンキューバイト」
こちらは挙式で手伝ってくれたお子様に♪という方もいらっしゃいます。

お母さん、お父さんに協力してもらい見本として食べさせあいをしてもらう「お手本バイト」

いろいろな「バイト」セレモニーがあります!

是非意味を理解したうえで演出の中に取り入れてみてください^^
スポンサーサイト